2006年2月 9日 (木)

有名VCと投資家の関係

いつも楽しみに拝見させて頂いております。

ところで、超有名VCとそのVCファンドに投資する投資家の関係というのは、現実的にはどうなのでしょうか?
ものすごく単純化すると、

ベンチャー<超有名VC

USのベンチャーであれば、セコイアやKPCB等の超有名VCに投資してもらうことが関係者以外から見た場合、資金の提供以外に重要だったりすると思うのですが、そうした有名VCのファンドに投資する投資家とVCとの関係はどうなのでしょう?

VCへの投資家<超有名VC

やっぱり、成功し続けるVCとなると一握りだから(現実としてどうなのか知らないのですが)ファンドオブファンズや年金基金、財団等の投資家側も相対的にVCの方が交渉上優位なポジションなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

善悪

どうやら、どこが証券取引法違反なのかだんだん解明 されつつあるようですね。

本当であるとすれば、やっぱり不正でしょう。
カネボウの時の比ではないメディアのバッシングが問題とかいう指摘はあるけれど、だからと言って容認されていいことではないと思う。

なぜこれほど騒がれるのかと言えば、
法的にグレーな部分を突くのが何が悪いんだと傲然と言い放つことを、受け入れられない人々の感情の塊がそうさせたんではないかなと思います。

(法的に確定していないことをわかったうえですが)カネボウは悪(巨悪ですね)、ライブドアも悪ということでしょう。

相対的に悪質度が小さいわけだし、そんなに騒ぐメディアはどうかと思うよ 
とか言ってるのは、まったくもって容認できない発言です。
市井の人々の間で、どうやら徐々に善悪の基準が曖昧になりつつある気がするのですが、これを空恐ろしいと感じるのは私だけでしょうか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

冷静と情熱の間

何で、こう冷静な議論ができないのかと思うのは僕だけでしょうか?

まだ白黒はっきりついたわけではないし、仮に言われている違法性の高いことが行われていたとして、
何が問題で、どういう仕組みで、どうしてそれが起き得た

のかを考えることが重要なんではないかと思うのですが。

そもそも、マスコミにそんなこと期待しちゃいかん!っていう方もおられますけどねぇ。
だとした場合、それを担うのはこれからはブログになっていくんでしょうか?

しっかし、ブログも冷静(財務分析) と情熱 (陰謀説派)の間でピンキリですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月10日 (火)

バブル

色々な意見があるとは思いますが、今の経済環境はバブルっぽくなっているのでしょうか。
日経ビジネスの谷垣財務相のインタビューでは、まだデフレが進行しているとか。

先日もタクシーの運転手さんに景気を聞いたら、1月は(まだ始まって1週間足らずですが)良くないとのことでした・・・
いったい、どっちなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)